アンティーク家具にハマるきっかけ

アンティーク家具にハマるきっかけは人によって様々ですが、やはり最も多い理由としてその「独特の質感」が挙げられます。

アンティーク家具はほとんどはこの世に一つしか存在しないものです。はるか昔に作られ、そして長く使い込まれることによって馴染んだ油分や日焼け跡は非常に味わい深いものがあり、まるでそこに住んでいた人の営みを感じることができるかのようです。

昔の家具は自然の風合いを大切にする傾向があり、現代の家具とは一味ちがった魅力を感じることができます。「他の人と少し違う家具が使いたい」「部屋の中を少しだけお洒落にしたい」というように考えている人にはアンティーク家具はまさにぴったりです。ワンポイントだけでも使用することによって部屋の雰囲気を変えることができます。

また「芸術品」として好む人も多いでしょう。作った職人の熱意、その家具と店舗什器と共に生活をしていた人々の歴史を想起させてくれるので、単品として眺めているだけでも感慨深いものがあります。現在では入手が難しい素材で作られている事も多く、希少価値の高いことも特徴なので収集目的で集めるのも楽しいかもしれません。

部屋を彩り、見ているだけでも美しいアンティーク家具ですが、使用感の秀逸さも忘れてはいけません。昔の人は物を大切に使う精神があり、家具も長く使用できるものを作ってきたので、現在流通しているアンティーク家具は頑丈であることが多いです。現代まで残っている時点でその品質の高さの証明となっていると言っていいかもしれません。

買ってからも長く使えるので、買う時は高いと思ったけど長い目で見たら得しているということも珍しいことではありません。また比較的修理がしやすいという特徴もあります。万が一損傷するような事があっても修理がきくのでまた長い時間使用することができます。そのように使っていく内にまた家具に新しい歴史が宿り、魅力をより一層引き立てていくのです。 アンティークを愛好している人は日本にも多く、大きな会場でアンティーク市が催されることも頻繁にあります。通販などと違い実際に肉眼で家具を見ることができます。ただ見ているだけでも楽しく、こだわりの逸品を探すのにも向いています。そういった場所に足を運んで実際にその家具を使っていた人の話を聞いたりするのも良いものです。

そういった場所で出会った同趣味の人達と語らうのも充実した時間となることでしょう。またそういった市場では値切り交渉など普通のお店ではできないことが当たり前のようになっているので、試してみるのも面白いかもしれません。

歴史を感じるデザインや、深いつやや色などがアンティーク家具の魅力です。現代のインテリアに活用するには、他の家具とのバランスやサイズを考慮して選ぶようにする必要があります。